トレーディングビューでボリンジャーバンド(bollinger band)を3つ表示するインジケーター(Pineスクリプト)

TradingViewにボリンジャーバンド(bollinger band)を3つ表示するインジケーターを作成しました。

ラインの色や濃さなどはPineスクリプトがわからなくても設定のスタイルから変更可能です。

 

ボリンジャーバンド3 インジケーターの内容

ボリンジャーバンドを3つ表示することができます。
それぞれ表示と非表示の切り替えが可能です。

 

ボリンジャーバンド3 インジケーターのイメージ画像

ボリンジャーバンド3 設定画面(入力)

ボリンジャーバンド毎の標準偏差を設定できます。

ボリンジャーバンド3 設定画面(スタイル)

ボリンジャーバンド3 Pineスクリプトのコード

 

TradingView(トレーディングビュー)でインジケーター(Pineスクリプト)を追加する

TradingView(トレーディングビュー)で自作したインジケーターを追加する方法について記載します。

インジケーターの追加手順

1.チャートを表示する

通貨を選択し、トレーディングビューのチャートを表示します。

2.画面下部の「画面下部の「Pineエディタ」をクリック

Pineエディタが画面下部に表示されます

3.「新規作成」をクリック

4.「空のインディケーターのスクリプト」をクリック

5.最初にあるコードは全て消して、Pineスクリプトコードを貼り付ける

今回は試しに下記のPineスクリプトの「サンプルスクリプト1」と「サンプルスクリプト2」を利用します。

まずは「サンプルスクリプト1」を貼り付けます。

6.「保存」をクリック

7.スクリプトを保存のウインドウが表示されるので、スクリプトの名前を入力し、「保存」をクリック

※一度保存したスクリプトは「オープン」をクリックすると再度開けます

8.「チャートへ追加」をクリック

 

Pineスクリプトの「サンプルスクリプト1」をインジケーターとして表示

画面下部にインジケーターが表示されています。

高値が緑色で表示されて、安値が赤色で表示されています。

 

Pineスクリプトを修正して、インジケーターの表示内容を変更

先に記述されていたPineスクリプトの「サンプルスクリプト2」に変更します。

最初に追加した際と同様にPineエディタを開き、「オープン」をクリックし、「サンプルスクリプト1」を選択します。

現在表示されているスクリプトを削除し、「サンプルスクリプト2」を貼り付け、「保存」をクリック。

現在表示されていた「サンプルスクリプト1」のインジケーターが「サンプルスクリプト2」に変更されました。

「サンプルスクリプト1」から「サンプルスクリプト2」への変更内容は高値、安値のグラフの色とラインの太さを変更しています。